FC2ブログ

きっと・・・・・(ぴろろんさま)

ピンXあやねです(^^
□■□■


北幌高校2年D組の仲良し女子3人組は放課後図書館へと足を運んだ。
2月前半に女子が挙って図書館で調べ物といったらもちろん、目的はチョコのレシピ集を見るのに決まっ
てるようなもの。


カステラを使ったチョコが簡単で見栄えもよさそうだ、だの
ガトーショコラが美味しそう、だの
シンプルなカップケーキのほうが万人受けするんじゃないか、だの。

きっと男子が聞いたら「貰えるんだったら何だって同じだよ」と思うのだろうけれど。
この日は女子にとっては勝負の日、なのだ。

もっともちづにとって、今日の図書館は
「爽子に作ってもらうチョコを決定するためのもの」なのだけれど。


◇◇◇

爽子が作りたいと思うチョコもどうにか決まり、レシピを書き写して図書館での作業は終了。
あとは材料の買い出しに行くのみ!


どうせだから買い出しも一緒に行こうということになったが
あやねは
「買い物に出るならメイク直したいし、先にゆっくり玄関に行ってて?すぐに追いつくから」
とトイレへと向かった。




化粧直しが終わったあやねは玄関へと急ぐ。
真冬に玄関で待たせるのは、寒いのを我慢させること。
「ゆっくり」と言ったから、多分まだ間に合う筈。


「よお、矢野!」
少しでも早く、と前を急ぐあやねの前に立ちはだかった壁・・・・・のような大男、ピン。
その顔は何故か、あやねが今までで見た中で一番いい笑顔をしている。
何?ピンがここまでニコニコしてるの見たら却って気持ち悪いんだけど?


「お前なんだ、その・・・・・・俺様甘い物は苦手なんだがな。」
こほん、と咳払いしてピンは言葉を続ける。
「まあ、お前からのチョコは”尊敬の気持ち”だからうけとってやる!
ありがたく思えよ!」と。


「なんであんたなんかにチョコあげなくちゃいけないのよ!
爽子達を待たせてるから行くわよ!」
あやねはピンに怒鳴り返したが、ピンは
「おお、そうだ。黒沼も除霊チョコ今年も俺様に送るがいいと言っておけよ!
じゃあな!」
とまったくあやねの言ったことなど気にしない風で職員室へと戻って行った。


いったいなんなのよあの担任!
言いたい事だけ言ってさっさと行っちゃってさ。
いけない!爽子たち待たせてたんだっけ。急がなきゃ。

でも、ね。
今年も、来年もちづや爽子と一緒に過ごせるのは嬉しい。
同じクラスになったのはひょっとしたらピンのおかげなのかもしれない。
ピンに「感謝の気持ち」チョコをあげても、いいのかもしれない。

爽子達と合流した時のあやねの頬が薔薇色に染まっていたのは急いだから?
チークの色? 

それとも・・・・・・・  

□■□■

コメントの投稿

非公開コメント

なんだか3作品ともしんみりなかんじで。普段暴走してた頭が浄化されました・・(ほんとか?)
先日はチャットでもおもしろい時間を頂き本当にうれしくおもいます!
是非またお相手してやってください―!